ランディングページの平均コンバージョン率について

コンバージョン率と聞いて、余程の知識がなければ、すぐに意味がわかる人はいないはずです。コンバージョンは、ネットの世界で言うと、最初に訪れてくれるサイトのことです。ヤフーやグーグルで検索をしたときに、表示される画面を思い浮かべてください。最初の数行には、広告ページが表示されます。広告ページと言ってもわかりにくいのですが、純粋な検索ワードの結果ではなく、あらゆる利益追求をするサイトが表示つまり、利用者によっては、広告枠などは信頼できす、正規に表示される内容を吟味して、最終的に購入や、会員登録などをするかたもいますが、広告枠から、アクセスした利用者にとって、ランディングページは、使いやすい、便利なものです。さまざまな企業が、自社へのアクセスを試みて、SEO対策などをしますが、消費者にとっては、余分な情報もあります。商品の注文をしたいのに、商品の魅力や価格などを訴求するサイト、せっかく、アクセスしたのに、売上につながるような仕組みを築いているならば、それは失格です。

ランディングパージは、申込みや登録があった場合のコンバージョ率で判断されます。つまり、広告ページから、ランディングページへの導線がなければならないのです。詳しい検索ワードで検索すれば、平均、広告枠からの、お客様は、2割程度になるはずです。しかし、他のサイトからアクセスしていただく数は、平均で2回から3回です。つまり、ランディングページのアクセス数は、とても短く、コンバージョン率も低いのです。

ホームページを作ることによって、営業人員を1人~2人確保できると言われています。ランディングページを診てもらうだけで、顧客数が倍増以上の効果があるのです。古い経営者はそのことを理解できません。SEO対策も含め、ランディングページにお客様にお越しいただけるようにしなければなりません。それが、ウェブ業者の役割です。

ランディングページの制作・運用なら、専門の業者にお任せください、中小企業と大企業ではサービス内容は異なりますが、大きな会社ほど、ランディングページの作成ではなく、広告などのトータルサービスを提案しますが、ライディングページの費用は安く、その他のサービス料金を要求してくる場合が多いです。

入口は安くして、その後の費用を徴収するという、ビジネスモデルが成り立っているのかもしれません。コンバージョン率は高くとも、愛されるサイトやお店を目指すべきです。