ランディングページに生かすことができる漫画

ランディングページは、閲覧者が最初に着地するページのことを言います。このページは同じ商品についても複数存在するため、狭義ではそれらすべてを指します。ただし、狭義では、特定の一つの長いページで、その中で閲覧者が購入に至るまでの情報を完結させており、特定の商品の購入に結び付けるためのサイトを指します。webマーケティングの場で用いられるランディングページは、もっぱらこの狭義のランディングページを指します。この狭義のランディングページが目指しているのは、特定の商品やサービスの購入につなげることです。例えば、特定の商品の購入や問い合わせを増やす、イベントの予約者を増やす、無料体験の申込者を集めることで見込み客の発掘をすることなどが具体的な目的です。ランディングページの特徴は、セールストークを再現しています。この商品を購入するとどんな良いことがあるのかといったことなどを伝える構成になっています。そのため、通常のホームページに比べて、セールスレターやチラシ、広告に近い形のサイト構成になっています。
また、ランディングページは他のサイトへのリンクが少ないのも特徴です。その理由は、リンクを増やしてしまうと回避性が増してしまうからです。コンバージョンという言葉がありますが、これは閲覧をしてくれた方が商品やサービスについて問い合わせをしたり申し込みをしたりするアクションを起こしてくれたことを指します。リンクを増やしてしまえば、このコンバージョンが低下してしまう可能性が高まります。つまり、コンバージョンを最大化させるためには、問い合わせや申込以外のページリンクを排除すればよいことになります。そうすれば、コンバージョンを最大化することができます。
もちろん、コンバージョンを最大化するためには、内容を充実して、コンバージョンを起こしてもらいやすい内容にしなければなりません。そして、漫画も、ランディングページのコンパ―ジョンの最大化のために生かすことができます。漫画は、絵も交えているため、読者が情報を得やすいです。文字だけなら途中で読むのが面倒になってページを閉じてしまう方もいますが、まんがならば文字数が少なく、直感的に絵で情報が入ってくるため、読んでいる方も苦痛を感じません。もちろん、絵だけでは伝えきれない情報もありますので、適宜文章や写真を交える必要は有りますが、漫画を混ぜることで伝えられる情報の幅は広がります。