売れるランディングページの特徴をまとめました

ランディングページの目的は、閲覧者にコンバージョンボタンをクリックしてもらい、商品の購入や会員登録を行ってもらうことです。実績ナンバーワンのLP制作会社の成功事例を見ると、売れるランディングページの特徴がわかります。また優れたLPは、1ページ型のサイトの中で、ユーザーをスムーズに購入まで誘導します。ターゲットを絞り込んでいるからこそ、高いコンバージョン率が得られます。

売れるLPの特徴をまとめると、まずターゲットにアピールするデザインが優れています。またリスティング広告の特質を活かすために、キーワードが豊富にテキスト内に散りばめられています。さらにランディングページは長くなりやすいので、容量を軽量化する配慮が大切です。詳細情報をまとめて記載することは良いことですが、あまりにも詳しい紹介が続くと、読者が飽きて離脱してしまいます。離脱を避けるために、動画やアニメーションを豊富に挿入する工夫が必要です。また最適化のために、アクセス解析ツールを設定すると良いです。サイトをアップした後で、効果検証を行って戦略を立てるためには、解析ツールが必要となります。ログ解析ツールの設定は慣れれば簡単です。無料で利用可能な高機能の解析ツールもあります。例えばGoogle Analyticsは優秀なツールです。

またLPもホームページと同様、アップした後に改善を重ねることで、売り上げが向上します。アクセスログを解析すれば、初めの販売戦略が機能しているかどうかがわかります。その他、コンバージョン率が低いとわかった場合の対策として、ページ内リンクを挿入するという方法があります。基本的に下に向かってスクロールして閲覧してもらいますが、途中を飛ばしたい人のために、ページ内リンクを設置します。特にすぐに購入したい閲覧者にとっては、ページ間を移動してコンバージョンボタンを見つけられるようになり、ユーザビリティが高まります。ただしリンクを使ってジャンプした時に、コンテンツの内容が思ったものと異なると失敗です。違和感を感じないようなジャンプ先を設定する必要があります。離脱を防ぐには、リンク先のコンテンツの整合性を確認します。またUIデザインにも注意します。これはユーザーインターフェースのことで、訪問者がクリックする時に触れる場所を指します。このコンバージョンボタンは重要なので、通常のデザイナーと別に、UI専門のデザイナーがいることもあります。また閲覧者の行動履歴を解析して、購入意欲を高める工夫も行います。常に試行錯誤して修正案を加えることが、収益を上げるポイントです。