活きたランディングページを作成する法則とは

インターネットビジネスにおいて、ランディングページとそこに記載するセールスコピーは、売り上げに大きく影響するものであり、最も神経を注ぐ部分だといっても過言ではありません。最近では、ワードプレスの普及により、様々なプラグインと組み合わせることで、簡単に見栄えの良いページを作成することができるようになりましたが、それだけにテクニカルな部分だけに注目され、ユーザーの視点が無視されたランディングページが、非常に多いのが現状です。見栄えが良いページと売れるページは全く別物です。このことを強く認識しておかないと、単なる自己満足に終わってしまう可能性が高くなりますので注意が必要です。

さて、売れるランディングページを作成するには、一定の法則が存在します。つまり、これに沿って作成されているページは、収益の上がるページになります。そこで、考えておかなければならないのが、ユーザーの心理です。例えば、生命保険に加入する場合、どういったきっかけで加入するでしょうか。多くの人が就職や結婚などの人生の節目に、自分の将来に不安を感じて加入しています。しかしながら、そのタイミングを待っていても業績にはつながりませんから、生命保険の外交員は、日常生活の中では気がつかない将来の不安を煽ることによって、ユーザーを生命保険に加入させています。つまり、生命保険に加入する動機を待つのではなく、こちらから動機づけることが大切であり、そのためのセールストークを磨いているのです。

インター ネットビジネスの世界も生命保険の勧誘と同じことが言えます。つまり、ユーザーに問題を提起して、その問題を放置しておくと、さらに問題が拡大することを示し、その対策として自社のサービスや製品を紹介するといった流れです。これこそが売れるランディングページの法則なのです。ただし、リアルビジネスとの大きな違いは、直接、ユーザーと交渉ができないことです。インターネットビジネスでは、ユーザーが購入に迷っている際にひと押しすることができません。そこで、第2の法則として、期間や対象者を限定することで、最後のひと押しができるのです。さらにセールスコピーにおいては、ユーザーがイメージしやすいように数字や画像を具体的に示すことが重要となります。したがって、この2つの法則にしたがって構成されている、活きたランディングページは、ユーザーからの評価も高く、継続的な収益が期待できるのです。