ランディングページは訪問数だけが重要ではない

ランディングページは、特定の商品やサービスなどを購入してもらったり、それに対して問い合わせをさせたりすることを目的として制作されるサイトです。そのため、訪問数は重要ではありますが、ランディングページにおいて重要なのは単なる訪問数ではありません。購入にいかにつなげるかが重要です。訪問数が多くても、そこからの直接のアクションが少なければ、それはランディングページとしては失敗です。そして、コンバージョンを最大化させるためには、内容もしっかりとしている必要があります。つまり、直接のアクションにつなげるためには、見た人がそれで直ちにアクションを起こそうとすることができるように、必要な情報はそこですべて伝える必要があります。
単に箇条書きで伝えるのも良くは有りません。ごちゃごちゃしていると読みづらくなりますから、すんなりと情報が頭に入ってくるようにする必要があります。そのためには、図や表を用いるなどして、視覚的に情報が入るように工夫することも重要です。また、文字のフォントや色を適宜変えて、重要な情報はきちんと読み飛ばされないようにすることも重要でしょう。全部が全部、見た人の頭に入るわけではありませんし、重要な点を読み飛ばされてしまえば直接のアクションを期待することができなくなってしまいます。したがって、メリハリをつけて、自分がその商品を知らない消費者だったら読んでどう思うのかを考えながら、ランディングページを作っていくことをおすすめします。
ランディングページのコツを学ぶのであれば、実際のホームページを見ると参考になります。特に、売れていると思われる商品のランディングページは、しっかりと閲覧に来た人たちの心をつかむような構成になっています。どの点が良いかどうかはわからないかもしれませんが、参考にすることで、少しでもコンバージョンを最大化させることが可能となるでしょう。あとは、実際の訪問数からどれだけアクションにつながったのかを調べて、それが十分ではないのならば、サイトの構成を適宜変えていく必要があります。そして、変更を加えた後どのような変化があったのかを見て、さらにそれをフィードバックしていけば、できのいいランディングページにだんだんとなっていくでしょう。情報源としてはほかにも、市販されている書籍やインターネットで得られる情報なども参考にすると、効率的にランディングページ作成をしてくことができます。