保険のランディングページを作成するこつ

保険商品や無料相談サービスのランディングページ制作を考えている人は、第一に保険商品について把握しなければなりません。生命、医療、自動車をはじめさまざまな商品がありますし、掛け捨てタイプや貯蓄性の高い商品などがあります。検索ワードを考えてみますと、キーワードになるのは、死亡、怪我、病気、事故、保障、理解できない、良い商品などさまざまです。

保険商品の販売ならば、現存する他社の商品も含めて、何が最も訴求できるポイントなのかをアピールしなければなりません。人生でマイホームやお子さんの教育費について、支出が多いのが保険です。保障内容と毎月の掛け金などが、消費者にとっては、最も重要なことになりますし、加入条件なども重要な要素です。

ネットタイプの申込が可能な商品もあり、人件費をかけず、格安ですので、利用者は多くなっています。しかし、単純に掛け金が安いとランディングページでアピールしましても、聴きなれた言葉なので、利用者にとっては、あまり興味を感じることはありません。一つでも良いので、他社にはないアピールポイントを用意することが大切です。例えば、何歳からでも加入可能、契約時の健康状態は関係なしなどです。

ランディングページは、利用者がピンポイントで理解したいことを、簡潔に説明し、申込みをしてもらうためのものです。ファーストページで、インパクトを与えることが必要になります。保障額は少なくとも、掛け金が少ないので、とりあえず、加入するという結論でも良いのです。立派にコンバージョンを高めることができます。

また、最近話題の保険の無料サービスならば、例えば、経験豊富なファイナンシャルプランナーの実績をアピールすることや、相談しやすいアクセスの仕方などを伝えればよろしいです。また、これまでに加入してきた状態よりも、掛け金が下がり、保障が厚くなることを謳っても良いです。保険は、積極的に加入しようと考える人は少なく、万が一の際に、仕方なく加入するものです。掛け捨てのタイプなどですと、非常時でなければ、お金を捨てているだけです。従って、加入をしておかなければ、将来被るリスクなどを訴えても良いです。商品に興味を持ち、少しでも購入したいと思う利用者ではないので、少しでも加入する意識を高めてもらうように、意識改革をしてもらうのです。需要を喚起するためのランディングページですので、内容の工夫をしなければなりません。