ランディングページの平均ctr率を参考にする

Webサイトに広告を掲載すれば、自社の製品がどんどん売れるようになると考えている経営者もいますが、Webサイトはテレビのように不特定多数の人が見ているわけではないので、場合によっては全然効果がない時もあります。しかしWebサイトがテレビと違う点は、ユーザーのターゲットを絞りやすいということです。たとえば女性の下着のことを書いているサイトなら、女性の下着の広告を掲載すればかなり高い確率で広告をクリックしてもらえます。逆に金融関係のサイトに女性の下着の広告を掲載しても、ほとんどの人がクリックせずに終わります。このように広告のctr率をあげるには、ターゲットに合わせた広告を掲載することが大事です。

リスティング広告の平均のctr率は5%くらいと言われていますが、平均よりも高いctr率を目指すなら、ターゲットを絞り込んで広告を掲載するといいでしょう。しかしターゲットを絞り込んでctr率を上げることができたとしてもランディングページの出来が悪いと、サイトまでたどり着くことなく他のサイトに移動されてしまいます。なぜランディングページの出来が大事かというと、ランディングページは広告をクリックすると最初に移動して目に止まる場所だからです。最初に目に止まったページに興味がまったくもてないようだと、ユーザーはすぐにページを移動してしまいます。ランディングページはお店でいうと、ショーウインドウのようなものでしょう。ショーウインドウに興味がもてなければお店の中に入ることがなくなり商品もまったく売れません。

自分では思うようなランディングページが作成できないという人は、ランディングページ作成時に代理店が作成したランディングページを参考にしてみるといいでしょう。代理店には専門のライターやデザイナー、カメラマンなども在籍しているのでかなり出来の良いランディングページになっています。
代理店でランディングページを作成してもらう方法もありますが、そういう時は希望を担当者にしっかりと伝えることが大事です。あまり親身になって交渉に応じない担当者もいますが、納得のいかないLPとなるので後で後悔してしまいます。自分が納得のいく作品ができるまでじっくりと交渉できる担当者を探すことが大事です。気になるのはLP作成の費用ですが、ホームページを作成するよりもかなり安くなっています。何社から見積もりをだしてもらい比較して決めると後で後悔せずにすみます。