ランディングページで一番重要なのはヘッドライン

売り上げを良くするために効果的なランディングページを作りたいと思っている人はたくさんいます。でも、実現できている人は多くありません。それはわかりにくい、見にくい、使いづらいが原因かもしれません。とにかくランディングページはユーザーが訪れて一番最初に目にするものなので印象が第一です。その中でも特にヘッドラインはファーストビューとして必ず目に入る部分なので、良し悪しが直帰率に直接影響してきます。だからこそ最も重要な部分と言えます。お店で言えば外観の部分です。何を扱っているのかわからないようなところに人が来ないのと同じように、不明確な情報はユーザーを遠ざけます。また、派手な外装では落ち着いて見たい人が来なくなってしまいます。入口がなかなか開かないようなお店はそもそも入ろうと言う気にならないはずです。webでも同じことが言えます。多彩なエフェクトやサイズの大きい画像などを使いすぎると派手過ぎたり、なかなか表示されないなどのトラブルになります。

ランディングページを最適化するのは直帰率を低下させることと同時にコンバージョン率を高める効果があります。そのためには、ユーザーのためのデザインを構築することが目的でなければいけません。ユーザーは自分が求めているものが手に入るかどうかしか気にしていません。それは商品だったり、情報だったりと違いがあるかのしれませんが入手までの経路はどんな時でも明瞭で簡潔であるべきです。そのためには、まずヘッドラインによって、それが入手できるところだと言うことを理解してもらうことが重要です。欲しいものが手に入らない場所に長く留まる人はいません。一目で安心させるためにはそれなりの工夫が必要です。それは画面を動かさずに見ることができる範囲で全ての情報を表示することです。どのようなものを提供できるところで、他社よりも優れているものがあると平易の言葉で記載します。結果として理解してくれた人はスクロールして他の部分も見てくれます。

ランディングページのヘッドラインは、媒体によって大きさ変わります。スマートフォンとパソコンでは縦と横の違いもあります。それぞれの表示に合わせたデザインを用意します。どちらかに合わせてしまうと一目で見ることが難しくなるため、興味が薄れてしまいます。同じものを使い回すのではなく、それぞれ独自のデザインでランディングページを製作します。そして、感情に訴えたいのならできるだけ左側にインパクトのある表現を置くです。感情的な表現を好む右脳に訴えることができるので効果が高くなります。もし真面目で正確であることを売りにするなら右側に簡潔な表現のキャッチコピーを表示すると理性的に読み取ってくれるためコンバージョンが高くなります。そして、重要なのがキャッチコピーの内容です。他と違って何を提供できるのか、なぜこのページでなければいけないのかを簡潔に表現したものであれば離れていくおそれは少なくなります。そして、

ランディングページのヘッドラインが好奇心を抱くような内容になっていると、その先の情報を知りたいと思ってくれるかもしれません。大切なキーワードは外さないまま、ボディーに書かれている内容について知りたいと思うような投げかけや質問をすることで、その結果を期待してスクロールしてくれる人もいるはずです。そしてスクロールした先に期待していたものが見つかれば欲しくなるはずです。他社よりも秀でていると自身がある場合にはこのような方法も適用できます。ただし、スクロールが長過ぎて何を言いたいのかわからないようだと意味がありません。ボディ部分も簡潔にまとめられていて、欲しいものがすぐに見つかって、手に入れるまでの手順が簡単である方がコンバージョン率を高めることができます。成約に至る方法が少なかったり、不便だと思った時には諦めようと思うユーザーも出て来ます。そうならないためには多くの決済方法を用意しておくことやその手順を簡略化しておきます。また、わからないことはすぐに解決できるようにサポートページがあると安心です。

ランディングページの表現は、できる限り平易で専門用語を少なくして記載した方が読みやすくなります。取り扱っている製品について売り手の方が詳しいのはあたりまえで、専門的な知識をひけらかされてもあまり良い気分はしません。それよりも誰でもわかるような記載にしていれば、初めてのユーザーにも敷居が低くなり集客効果が高くなります。専門の知識は問い合わせの対応として対応できるようにしておくだけで十分です。ユーザーが成約を決断すると言うことは、他のページに移動するよりもここで購入した方がお得だと思った時か、ここでしか買えないと思った時です。そのためには他社との差を明確にして、ここで成約しなければならないと言うことが腑に落ちることが重要です。価格か高くてもそこでしか買えないものであれば購入の意欲が湧きます。ユーザーがストレスなく手に入れたいものを入手することができるランディングページすることが重要です。